【テイクアウト】博多天ぷら やまみの天丼をテイクアウトしてみた

スポンサーリンク

博多もつ鍋や”明太子で有名な「やまや」さんのグループ業態である、
「博多天ぷら やまみ」の天丼をテイクアウトしてみました。

「博多天ぷらやまみ」の店舗、テイクアウトまでの流れ、食べてみた感想
などをご紹介したいと思います。

博多てんぷら やまみの特徴

やまやと聞くと、もつ鍋や明太子が思い浮かぶのではないでしょうか?
九州の駅ビルなどにも、お土産用のもつ鍋セットや明太子を
取り揃えている店舗がたくさんありますね。
また、飲食店として、「博多もつ鍋 やまや」を展開しています。

やまやグループブランドの別業態として、
展開されているのが、「博多天ぷら やまみ」です。

ちなみに、グループ全体では以下のような展開となっているようです
(※投稿時点)


「博多天ぷら やまみ」の特徴は、
注文を受けてからてんぷらを目の前で揚げてくれ、提供してくれることです。
また、綿実油を配合した特製の油を使用しており、香りやうまみを引き出しているそうです。

それから何といっても、
やまやの辛子明太子やからし高菜が食べ放題!
(※店内飲食に限る)

美味しいてんぷらと、
食べ放題の明太子や高菜がリーズナブルに楽しめる
お店です。

博多てんぷら やまみの店舗

投稿時点での店舗は、

東京に2店舗
千葉と神奈川に1店舗ずつ
海外に2店舗

となっているようです。

詳しくは、公式ホームページをご確認ください。

天丼をテイクアウトしてみた

メニューには、てんぷら定食などのラインナップがありますが、
テイクアウトメニューは「やまみ天丼」のみのようです。

テイクアウトまでの流れ

食券の機械があり、
その中にテイクアウトメニューのボタンがありました。
テイクアウト時も、食券を購入します。
※店舗によっては直接注文をするところもあるようです。

価格はテイクアウトだと、800円のようです。
※通常は1,200円

食券を店員さんに渡して、店内のスペースで待ちます。
出来上がりまで5分~10分ほどかかるようです。

出来上がったら、箸やおしぼりと一緒に袋に入れて手渡ししてくれます。
ちなみにレジ袋は無料でした

食べてみた感想



てんぷらのタレは別容器に入っていました。
なので、てんぷらがタレでふにゃふにゃになることもなく、
ある程度、揚げたての状態を保ってくれていました。

具材は、海老・鶏モモ・白身魚・半熟卵・野菜3種 でした。
タレが特に美味しく、てんぷらのふわっとした食感も楽しめました。

ただ、テイクアウトなので、
ごはんの湿気などは避けられないため、
持ち帰ってすぐに食べましたが、衣のサクサク感はありませんでした。
その点だけは、実店舗で食べたほうが良さそうですね。

本格的な天丼をこの価格でテイクアウトできるのは素晴らしいと思います!
皆さんのテイクアウトの選択肢のひとつに如何でしょうか?

タイトルとURLをコピーしました