【初心者必見】靴磨きの魅力・本当に簡単な始め方

スポンサーリンク
kutsumigaki-title

昨今、Youtube等に靴磨きをテーマにした動画配信や、
雑誌でも靴磨きを趣味として始める方の記事が掲載されたりと、
「大人の趣味としての靴磨き」が注目されています。

靴磨きというと、
道具がとても専門的で難しかったり、
面倒くさい作業というイメージがあるかもしれません。

しかし、
初心者の方でも100均で買えるような手軽で、
本当に必要最低限の道具を揃えることで始めることができます。

また、最低限の作業であればものの10分ほどで終わるぐらいの、
シンプルな作業でもあります。

ピカピカに革靴を磨きあげることは、
靴そのものの寿命を延ばし、
相手から好印象を受けることもできます。

今回は、靴磨きそのものの魅力や、
初心者の方がこれから始める上で、
本当に最低限必要な道具のみを紹介します。

靴磨きの魅力やメリット

まず初めに、靴磨きそのものの魅力やメリットを紹介します。

靴磨きの魅力やメリットとは、

  1. 靴そのものの寿命を延ばす
  2. 安価で手軽な道具で始められる
  3. 自宅でいつでもできる
  4. 自分流のやり方を探求する奥深さがある

1. 靴そのものの寿命を延ばす

靴磨きでは、
靴の汚れをクリーナーを使って落とします。
また、靴クリームを使用して磨き上げます。

これらは洗顔と保湿に相当します。
つまり、人間でいうところ、汚れをさっぱり落とし、
栄養のある保湿液をたっぷりと肌に染み込ませる工程と同じです。

本革はもともと動物の皮膚であり、
革靴となった後も生きています。

従って、何年も手入れをせず放っておくと、
汚れが蓄積し、革が劣化していきます。
保湿もなくなってしまうので、革にヒビが入ってしまうことも。

それらのトラブルを防ぎ、
長い期間愛用するためにも、靴磨きによる革の手入れが必要です。

2. 安価で手軽な道具で始められる

靴磨きというと、専用の道具やクリームなどを揃える必要があり、
とても高価なイメージがありませんか?

実は、靴磨きそのものは、身近にあるものの代用ができたり、
クリームなどの消耗品もとても安価なものも沢山あるのです。

例えば、靴を磨くためのブラシはAmazonなどで数百円からあったり、
靴クリームなんかも、100円均一のものが使えたりします。
また、靴を磨くための布も、古着で十分だったりします。

3. 自宅でいつでもできる

靴磨きは場所を取りませんし、決まった作業場所もありません。
リビングでテレビを見ながらや、
庭先で音楽を聴きながらなど、
どこでもできます。

かかる時間も慣れれば10分程度で完了しますので、
何かの合間にぱぱっと済ませてしまうなど、
時間の融通も抜群です。

4. 自分流のやり方を探求する奥深さがある

靴磨きの基本的な手順はありますが、
どの道具を使うべきか、どのクリームを使うべきかといった
細かい手順や道具の選択にセオリーはありません。

自分が使いやすかったり、好みの道具を選んで、
楽しむことができます。

また、マニアックになってくると道具とクリームの組み合わせを追及したり、
革の種類・色見等に合わせて変化させていき、
自分の中でのベストメソッドを探求できる奥深さも有しています。

出回っている道具やクリームは千差万別であり、
価格と使い勝手を考慮し、自分に合ったやり方を追い求めてみてください。

初心者がまず揃えるべき 本当に最低限必要な道具

最後に、これから靴磨きを始めてみようかなと思っている初心者の方に向けて、
本当に必要最低限必要な道具
をご紹介します。

  • 靴ブラシ
  • 汚れ落とし(クリーナー)
  • 靴クリーム
  • 磨き上げ用の布

以上の4点があれば始められます。

まず、靴ブラシについてですが、
こちらは靴クリームを全体になじませるためのブラシになります。
大きめのサイズが使いやすいと思いますが、
小さめのお試しサイズでも使えないことはないです。
安いものですと数百円で手に入ったりします
ので、
まずはこれを手に入れましょう。

【※補足】
靴ブラシは最初に埃やチリ落としのためのブラシもあったほうがいいのですが、
やわらかい布ではたいたりすることでもある程度落ちますし、
使い古しの歯ブラシで細かい部分を掃除できたりしますので、これは必須ではないと思います。

次に汚れ落とし(クリーナー)です。
これは革用のものを使った方が無難かと思いますので、
革用のクリーナーを用意してください。
大容量ボトルをいきなり買うのは勇気がいると思いますので、
お試しの小さいサイズが用意されている商品も多いですし、
100円均一でも販売されている
ので、安価に手に入れられます。

靴クリームについては、
そもそもそれほど高価なものではなく、
500円未満で十分な品質のものが購入できます。
こちらも100円均一で揃える
こともできます。

磨き上げ用の布は、
専用の磨き上げ用の布が発売されていますが、
着古したTシャツやネルシャツなどの100%コットン素材の布であれば代用できます。
なので、わざわざ購入しなくても、家に余っているもので十分
です。

【※補足】
シューキーパーという靴の中に入れて形を整える道具もあり、
これを装着することが望ましいと思いますが、こちらも必須ではないかと思います。
新聞紙などを靴の中に詰めることで代用可能です。
必要であれば、プラ製の安いものもあるので、そちらをまず試すのも良いかもしれません。

以上、初心者の方が揃えるべき道具と、
できるだけ安くする方法を紹介しました。

いずれは自分好みの道具を揃えていく方が、
作業をしていきやすいと思いますし、
モチベーションアップにもなると思うので、
おススメします。

私が実際に使っている中でのおすすめについては、別記事でご紹介しようと思います。

タイトルとURLをコピーしました