【不妊治療の第一歩】不妊検査を男性も受けるべき理由と初めて受ける方向けの検査はこれ!

スポンサーリンク
huninkensa-title

妊活に励まれている方で、なかなか結果に繋がらず心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

妊活開始から1年程度で結果に結びついていない場合、不妊治療を視野に入れる必要があると言われています。

治療の前に不妊の原因を探ること第一歩となります。
本記事では女性だけではなく、男性も不妊検査を受けるべき理由初めて受ける方向けの検査をご紹介します。

筆者の想い

男性自身が原因での不妊治療経験談の発信が少なく、
当事者目線での情報が少なかったため、悩みや不安がなかなか解消されませんでした。
そこで、私の経験を記事に残し、少しでも男性不妊で悩まれている方の役に立てる情報を発信しています。

consultation

不妊検査は男女ともに受けるべき

筆者は、初めは検査を受けることに消極的でした。
何せ自分に原因があるとは思っておらず結果を知ることも怖かったからです。
しかし、結果を知り世の中の不妊の現状を知ることで今は男性も受けるべきと考えています。

不妊の定義

不妊の定義は以下のようになっています。

妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないものをいいます。
日本産科婦人科学会では、この「一定期間」について「1年というのが一般的である」と定義しています。

引用元:日本産科婦人科学会

不妊検査を受ける目安

結婚されて妊活に励んでも1年程度で子供ができなかったり
妊活をはじめる前に何か懸念することが無いか調べたい
という方は不妊検査をすることをおすすめします。

男性こそ早めの検査がおすすめ

不妊と聞くと男性には関係無いと考える方が多いようですが、
男性の方こそ早めに不妊検査をされることをおすすめします。

私自身が不妊検査をしてみて思ったことは、
不妊検査は男女ともに実施することではじめて意味があるものだということです。

最初に検査するレベルの男性不妊検査はそれほど大変ではありません。
費用面でも時間の面でも負荷が大きくないものです。

なので私の経験から、
健康診断を受ける気持ちで早めに検査されると良いと思います。

なぜ男性も不妊検査を受けるべきなのか

なぜ男性が不妊検査を?と思う方がいるかもしれません。
男性も検査を受けるべき理由を説明します。

不妊原因の半分は男性側にある

実は、不妊の原因の半分は男性にあると言われています。

2017年の世界保健機関(WHO)の調査によると、不妊症のうち、男性のみに原因があるケースが24%、男女両方に原因がある場合が24%で、男性にも原因があるとされています。また、一般男性の約20人に1人は男性不妊症(不妊の原因が男性側にあること)といわれています。

引用元:原因は男性にもある?! 男性不妊治療の今

妊活をしても結果につながらない時は、女性側だけではなく男性側も何か原因が潜んでいる場合が多いということです。

男性側も自分に原因は無いと思いこまず、積極的に検査を受けることが必須だと考えています。
「自分に原因があるという事実を知ること」はとても精神的に辛いです。
ですが、女性側に原因があるかないかに関わらず、男性も勇気を出して検査を受けるべきだと思っています。

早めに知ることで早めに対処できる

不妊治療は原因が特定できないことには始まりません

なので早めに検査を受けて、不妊の原因を特定することで有効な治療や対処方法を早めに実行することができます

妊活は時間との勝負でもあるので原因の特定は早ければ早い方が良いと言われています。

男性が受けるべき不妊検査

男性が受けるべき不妊検査は、まずは「精液検査」を受けることがベターです。

初めての場合はどのような検査がおすすめ?

ネットで男性の不妊検査を検索するとブライダルチェックというものも含めて様々な検査メニューが出てきます。
病院によって検査項目数が大小様々あって悩みますよね。
一回の検査で染色体検査も含めた細かい項目まで診てもらえる検査もあります。

ただ、男性の方で初めて不妊検査を受ける方は、精子濃度や運動率など基本的な項目を診てくれるベーシックな検査で良いと思います。
保険適用であれば1000円~3000円程度で検査出来るので、まずはそういったベーシックな検査ができるものを選ぶと良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました