【おすすめ】G検定一発合格のための参考書・問題集・過去問

スポンサーリンク
gkentei-sankosyo-title

G検定の出題内容は、
AI(人工知能)に関しての歴史から、技術分野での基礎・応用知識、
さらには実際の活用事例や法規制など多岐に渡ります

残念ながら、それらの出題範囲を全て網羅した、
1冊で完璧というおすすめの参考書や問題集は、今のところ無いと言わざるを得ません。

実際、私が受験した時は複数の参考書や問題集を駆使し、
それらから得られた知識をExcelで作成したカンペ(チートシート)にまとめ、
試験本番でも検索などを駆使しながら合格しました。

ですので、G検定受験は総合力の勝負だと思っています。

そこで、
今回はG検定受験におすすめの参考書や問題集、過去問などを複数紹介したいと思います!

当ブログでは、
G検定受験を控えている皆さんまたは、これから受験を検討される方に向けて記事を発信しています。

筆者のスペックなど

筆者は、2020年度のJDLA主催のG検定を受験して見事一発合格することができました。
勉強期間は試験日までの約3ヶ月で、日中は仕事があるため勉強できる時間は、
平日夜か土日などの休日のみでした。

もともとからAIのエンジニアでもなく
AIについては全くの素人な一般的理系サラリーマンでした。

効率的な試験勉強を心掛け、試験にも万全の体制で臨んだ結果だと自負していますが、
受験時のノウハウについて様々な記事を通して、ご紹介しています。

基本的な学習方針や役立った参考書・サイトについて、
以下の記事で紹介しています!

it-gazou

G検定試験におすすめの参考書

G検定を受験するにあたりまず初めにすべきことは、
必要な知識を習得(覚える)ことです。

G検定はAIの歴史から技術的な基礎知識のようなものから、
関連法令のような幅広い知識が問われます。

試験勉強としては、
まず最初に以下の参考書を読み、必要な知識を頭に叩き込みましょう。
おすすめの参考書は以下の書籍です

  • 公式テキスト
  • 人工知能プログラミングのための数学がわかる本
  • AI白書 2020
  • これ1冊で最短合格 ディープラーニングG検定ジェネラリスト 要点整理

公式テキスト

G検定受験の必須参考書である「公式テキスト」です。
G検定を主催しているJDLAが発行しており、
出題範囲であるシラバスに準拠した内容になっています。

AIについて初めて学ぶ方や改めて基本から学びなおしたい方は、
とにかくこの1冊を購入して読んでください

使い方としては、
とりあえず意味が分からないなりに1週目読みましょう。
「こんなこと書いてあったな、こういう話あったな」で良いので、
あまり理解とか深く考えず読み進めましょう
1週間ぐらいで読破できれば上出来です。

それが終わったら、2周目に入りましょう。
ある程度内容を覚えていると思うので今度は内容を理解するように、
分からない部分はネット等で調べながら読んでいきましょう。

そうすることで受験に必要な基礎知識は網羅できるので安心してください

購入の際はどこでも読める電子書籍をおすすめします↓

人工知能プログラミングのための数学がわかる本

G検定では計算問題が一部出題されますが、
高度な数学の知識は不要です。

しかし、AIの技術的な要素を根本から理解するためには、
数学の考え方は理解しておくこと必要です。
知識をただ暗記するだけでもG検定に合格できるかもしれませんが、
その後のAI活用を考えると、技術を根本から理解することは無駄ではないと思います。

本書は、AIを構築していくにあたっての数学について学べる一冊となっていて、
東京大学特任准教授 松尾 豊氏 推薦の一冊でもあります。

AIを技術的な側面から理解し説明できるようになりたい、
自ら応用的な使い方をできるようになりたい方は本書をおすすめします。

AI白書 2020

国内外のAI動向について、技術的なことや活用事例、政策など、
非常に幅広い最新情報が掲載されている
とても読み応えのある1冊です。

試験勉強としてこの1冊を全て読み通しておく必要はあまりないと思いますが、
試験時のカンペとしても活用できますので、持っておいて損はないと思います。
合格後に、AIの利活用を考える際の強力なバイブルにもなります

試験時の参考書活用(カンペ)方法についてはこちらの記事で紹介しています。

『これ1冊で最短合格 ディープラーニングG検定ジェネラリスト 要点整理

最後は、効率的に要点から整理・理解したい方向けの書籍です。

内容としては公式テキストと一部かぶる部分がありますが、
公式テキストよりも解説が丁寧で、理解しやすい部分が多かったです。
また、公式テキストでは手薄な最新動向についての記述も多く
公式テキストと組み合わせることで、試験までに十分な知識を習得することができます。

問題集もついているので、
知識をつけながらすぐに実践練習できるので知識定着もしやすくなったと感じました

G検定試験におすすめの問題集

参考書で基礎知識を習得した後は、
問題集をやりこんで知識の定着を図ります
また、参考書では触れられなかった範囲についても、
問題集をやり込むことで補完することができます

問題集に手を付けるタイミングとしては、
1ヶ月ほど試験勉強をした後、それ以降の試験直前までがおすすめ
です。
やはり、公式テキスト等である程度、基礎知識をつけてからが良いです。
いきなり問題集をやっても内容が理解できない場合、あまり意味はありません

では、おすすめの問題集をご紹介します!

  • 徹底攻略ディープラーニングG検定ジェネラリスト問題集
  • 最短突破 ディープラーニングG検定 問題集
  • Study-AI
  • AVILEN G検定スキルチェックリスト

徹底攻略ディープラーニングG検定ジェネラリスト問題集

公式テキストを発行しているJDLAが同じく出している、
黒本
と言われるG検定受験においてはメジャーな問題集です。

公式テキストを攻略したらまずはこの問題集から試してみてください
この問題集をやり込むことで、合格できる実力をつけることができます
解説内容は公式テキストに準拠した内容になっているので、
テキストを読み終わった方にとって分かりやすい内容になっています。

最新の第2版では、
新たに「人工知能と法律・契約および動向」の章が追加され、
最新のシラバスにも準拠済みです。

最短突破 ディープラーニングG検定 問題集

比較的最近に出版された、
最新の出題傾向を分析し構成された問題集です。
なので、この問題集の出題内容が実際の試験に出される可能性も高く、
黒本だけでは物足りない方にとっても充実の内容となっています。

この問題集の特徴としては、
問題に対する解説がとても充実しており、
1問あたりの知識量が多いことが本書籍のメリット
です。

解説が足りなくて結局理解できないことや、
1問で得られる知識が少なくて簡単に思えることがありませんでした。

公式テキストや黒本だけでは網羅できない範囲も、
この問題集では幅広くカバーできるので、
この本1冊だけでも試験対策としては十分だと感じます
迷ったらこっちの購入がおすすめです↓

Study-AI

次は、問題集ではありませんが、
G検定対策として有名なStudy-AIという模擬試験(WEB)の紹介です。

実際のG検定試験と同じ様式で問題に挑むことができ、
本番前の総仕上げとしてもおすすめです。
また、無料で利用できる点もメリットです。

解説が若干物足りない感じもしますが、
この模擬試験で高得点を取ることができれば、
試験本番でも十分に力を発揮できると思います。
私も試験前に何度も本模擬試験を実施して感覚を養っていました

AVILEN G検定スキルチェックリスト

AVILEN社が提供するG検定スキルチェックリストという模擬試験のWEBサイトです。
こちらも無料で利用することができます

こちらも問題集書籍ではありませんが、
G検定に合格するための知識がついているかを確認することができます

また、合計点数データから現在の知識レベルを判定し、
おすすめの試験対策の方法が分かるという優れもの機能があり、
試験前に本模擬試験をやっておくことで、効率的にその後の学習を行うことができます。

試験本番に向けた回答の練習と実力診断としてぜひ行っておきたい模擬試験ですね。

G検定試験の過去問

G検定はそもそも過去問が公開されておらず、
他資格試験のように過去問集での試験勉強ができない状態でした。

最近になって、JDLAが例題として過去出題した問題を掲載するようになりました。
しかしながら、問題数はかなり限られており解説もないため、
過去問を使った試験勉強は現在もできません

従って、ここまででご紹介した参考書や問題集あるいは模擬試験で試験勉強し、
G検定試験本番に備えることになります

G検定試験 本番当日に向けて

ご紹介した参考書をもとに、試験勉強を効率よく進められることを願っています。
しっかりと勉強して知識を付けられれば、問題なくG検定合格ができるでしょう
試験本番に備え、当日の体験記にもぜひ目を通してください!

タイトルとURLをコピーしました